Reagan

Reagan〔英語〕レイガン(レーガン)、リーガン

Regan〔英語〕リーガン

  • アイルランド系:サーネーム
  • ユニセックス(主に女性)のギブンネーム

由来

ケルト語で小さな王(の子孫)を意味する「Ua Riagáin」言葉から来ている。

ReaganあるいはReganと綴り、O’Regan, O Regan, Reagan, O’Reaganなども同じである。

女性名にも用いられるが、こちらの起源はReginaで、女王を意味するラテン語Rexからきている。

著名人

アイルランド系では著名な姓だが、日本ではアメリカ合衆国第40代大統領ロナルド・レーガン(Ronald Wilson Reagan)により有名になった。父のジョン・レーガンはアイルランド系だが、母のネル・ウィルソンはスコットランド系で、ロナルドも母親の影響を受けてプロテスタント教会で洗礼を受けている。

ハリウッドで映画俳優となったのち、知名度を生かしてテレビの司会業へと軸足を移し、カリフォルニア州知事をきっかけに政界へと進出し、1980年の大統領選でジミーカーターを破り大統領となった。これは、1968年のニクソン副大統領、1976年の現職だったジェラルド・フォード大統領に続く3度目での大統領選勝利であった。

ロナルドは、俳優時代からこの1980年の大統領予備選ごろまでは、「ロナルド・リーガン:〔REE-gən〕」と名乗っていたが、共和党から大統領候補指名を受けたのを期に、アイルランド系のルーツを重んじて「ロナルド・レイガン:〔/ˈɹeɪ.gən/〕」と名乗ることを発表して世間を驚かした。実はレーガン陣営で政策顧問となった元メリルリンチ会長のドナルド・リーガン(Donald Thomas Regan:〔REE-gən〕)の存在があったためであると囁かれている。

しかし大統領としてのロナルドが、ベトナム戦争以来となる強硬な外交姿勢で「強いアメリカ」を印象づけると、同じReagan姓の人々の中でも「レーガン(より厳密にはレイガン)」姓を名乗る人が増えた。

姓:Reagan

ジョン・ヘニンガー・レーガン(John Henninger Reagan)

南北戦争期にアメリカ連合国で郵政長官と財務長官を務めた人物。

姓:Regan

ドナルド・トマス・リーガン(英語: Donald Thomas Regan)

メリルリンチ社の会長兼最高経営責任者(CEO)、ニューヨーク証券取引所の副会長。ロナルド・レーガン大統領の下で財務長官と首席補佐官を務めた。

ヴィンセント・リーガン(Vincent Regan)

イギリス・ウェールズのスウォンジー出身の俳優。

両性ギブンネーム(Regan)

リーガン(Regan)

シェイクスピア作の悲劇『リア王』の主人公リア王(King Lear)の次女で、コンウォール公の妻。リア王のモデルはブリトン人の伝説の王レイア(Leir)であるとされる。

リーガン・マクニール(Regan Teresa MacNeil)

1973年公開のホラー映画『エクソシスト』の主人公。

リーガン・ハリソン(Regan Harrison)

オーストラリアの平泳ぎ男性選手。ウェールズ系の家系。

リーガン・ハートレイ(Regan Elizabeth Hartley)

ミス・ニューハンプシャー2011

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク