Helen

Helen〔英語〕ヘレン

  • 英語圏:女性のギブンネーム

由来

ギリシャ神話の女神ヘレネー(古代ギリシャ語: Ἑλένη, Helenē, ラテン語: Helena, 英語: Helen)に由来する。

表向きはスパルタ王テュンダレオースと王妃レーダーの娘であるが、実父はゼウスであり、実母はネメシスともされる。兄にディオスクーロイ(カストールとポリュデウケース)兄弟、姉にクリュタイムネーストラーがいる。

絶世の美女とされ、伝説上のスパルタ王メネラーオスの妻となったが、イーリオス(トロイア)の王子パリスにさらわれ、トロイア戦争の原因となった。

ギリシアの古名をヘラス(Hellas, Ἑλλάς)と呼び、ギリシャ人のことをヘレネス(現代ギリシア語, Hellēnes[héllɛːnes)と呼ぶが、現在ではヘレネスはバルカン半島周辺およびキプロスに出自を持ち、ギリシャ語を母語とする民族を指す。このヘラス(Hellas)の由来は、ヘレン(Helen)ではなく、プロメーテウスの子デウカリオーンとピュラーの息子のヘレーンあるいはヘッレーン(古代ギリシャ語: Ἕλλην, Héllēn)であるとされる。後にヘレーンとヘレンは結び付けられて、古代ギリシア人の名祖となった。ギリシャ風文化、あるいは時代区分として用いられる「ヘレニズム(Hellenism)」という言葉も、このヘレーンに由来する。

著名人とその影響

聖ヘレナ(Helena、コンスタンティノポリスのヘレナ)は、古代ローマ帝国皇帝コンスタンティウス・クロルスの皇后となり、コンスタンティヌス1世(ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス。古典ラテン語:Gaius Flavius Valerius Constantinus)の母となった。

のちキリスト教に改宗し、私財を投じて巡礼・慈善・教会建立の仕事をしてキリスト教のためにつくした。伝説では、ゴルゴタに巡礼し、キリストが磔になった十字架を発見したとされる。さらに、イエスの脇腹を刺した槍を発見し、イエス生誕に来訪し救世主として礼拝したという3人の博士(王)の遺骸を発見し、聖母マリアがイエスを産み落とす時に使った飼い葉桶のまぐさをローマに持ち帰っている。

ナポレオンが幽閉された南大西洋に浮かぶ絶海の孤島セントヘレナ(Saint Helena)は、この聖ヘレナにちなむ。

派生

  • ヘレン(英語: Hellen):三重苦で知られる社会福祉事業家のヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller)が有名。
  • エレン(英語: Ellen,Eren)
  • エレイン(英語: Elaine)
  • ヘレナ(ラテン語: Helena)
  • エレーヌ(フランス語: Hélène、Helene)
  • エレナ・エレーナ(ロシア語: Yelena、ドイツ語・イタリア語・スペイン語: Elena )
  • エレーナ・エレイナ(英語: Elaina)
  • オレナ・オレーナ(ウクライナ: Olena, Olenna)

 

タイトルとURLをコピーしました